闇金

スポーツ紙などの金融広告

スポーツ新聞の広告欄を見てみると、怪しげな広告が紙面一杯に陳列されてあります。それの多くは風俗や求人、そして金融広告です。「審査無しでお金貸します!」「5分で審査完了!」といった、いかにも多重債務者が喜びそうな広告が多いのに気が付くでしょう。

実際はどうなのでしょうか?実は広告を出している消費者金融の大部分は違法業者であったりします。

違法業者とはヤミ金融のことで、店舗を持たずに営業している業者(090金融)であったり、貸金業登録をしていかにも正規の金融業者を装ってはいるものの、実際は上限金利をはるかに超える金利をとっている高利貸しなどもあります。貸金業登録をしているからといって、安心してはいけないのです。

彼らは取り立てのプロですから、少々の多重債務なら簡単に融資をしてくれるでしょう。しかしいったん支払いが出来なくなると、態度を豹変させて厳しい取り立てが待っているのです。

大手や中小の消費者金融でも支払いが出来なくなると、取り立てがありますが、それらの取り立てとは比較にならないほど厳しいと考えたほうが無難でしょう。絶対支払いが履行できるという自信がなければ、このような金融業者から借りるべきではありません。

多重債務者をカモにしている

それにしても、なぜこんな違法業者からお金を借りる人が絶えないのでしょうか? それは両者の思惑が一致しているからです。いわゆる呉越同舟ということです。どこからも融資が受けれない借主と、どこからも融資が出来なくて困っている人を探している業者が触れ合えば、自ずと契約が成立することは火を見るよりも明らかでしょう。

彼らはどこからも借りれなくて困っている多重債務者を探しているのです。中には違法な手段を使って多重債務者の名簿リストを入手し、個人向けの DMや直接電話をして融資話を持ちかけてきます。人生を破滅に向かわさないためにも、こんな違法業者からの融資を受けてはなりません