カード

割賦購入凱旋契約

個々の商品ごとに割賦購入凱旋契約を締結するタイプの契約を個品割賦購入凱旋契約といいます。信販会社が立替払い契約やショッピングクレジット、あるいは債権買取契約といった名称で呼ぶこともあります。

これに対して分割払いが可能なクレジットカードを信販会社が発行する場合、原則として加盟店の商品はなんでも購入できるため、信販カードによるクレジット販売を、総合割賦購入凱旋契約と呼びます。

クーリングオフの適用

クーリングオフ、抗弁権といった制度については、個品割賦購入凱旋と総合割賦購入凱旋の両方に適用されます。ちなみに信販会社では個品割賦購入凱旋の契約形態について、加盟店への立替え払い分を消費者に融資した形式にしています。

つまり、金銭消費賃借契約として契約書を作成しているということです。

したがって狭義の割賦販売が完済するまでの間、売り主(割賦販売業者)に所有権が留保されるのに対し、個品割賦購入凱旋契約の場合、特約がない限り所有権は購入者に帰すことになります。

クレジットカード