極甘審査ファイナンス

ブラックリストとは?

ブラックとは通称のことで、正確には個人信用情報機関の事故情報のことを指します。過去に自己破産や支払いの遅延行為をしていれば、信用情報機関の事故情報として登録されています。

消費者金融などの金銭賃借業者は借入審査の際、必ずこの信用情報機関から個人情報を取り寄せて、信用調査をしています。

借入件数

これは、多重債務者をこれ以上増やさないために、貸金業規制法で取り決められた法律で、金融業者は審査の際には必ず信用情報機関の個人情報を吟味して、融資の可否をしなければなりません。

そして、もしもこの信用情報機関のデータで事故情報(ブラックリスト)となっていれば、ほぼ100%の確率で借入審査で落とされることとなります。

これは大手のみならず、中小中堅の消費者金融でも同様です。また、信用情報機関の個人データには、現在の借入状況も把握できることから、支払い能力の低い多重債務者なども、審査で落とされる可能性が高くなります。

極甘審査でキャッシング
消費者金融

ブラックでも借りれる?

前述したように、個人信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)になっている人は、正規の金融業者では審査に通ることはありません。可能性はゼロといっても過言ではないでしょう。

なぜならば、過去に金融会社からの借金を完済することなく、債務整理とかの方法でチャラにしているのですから、金融業者側にとったら信用はゼロです。彼らが一番恐れることは、貸したお金が焦げ付いてしまうことです。

したがって、いくら審査が甘い金融業者といえども、信用がゼロの人への融資は絶対ありえないということです。

但し、一つ可能性があるのは、貸金業登録をしていない金融業者です。彼らは非合法な業者ですので、信用情報機関とのつながりもなければ、貸金業規制法などの法律を厳守することもありません。

多重債務者を専門にしている金融業者ですので、もしかすると融資が可能かもしれませんが、前述したように非合法な金融業者です。

法的金利も厳守しないでしょうし、貸金業規制法で決められた取り立ての方法についても守ることはないでしょう。支払いが滞ってしまえば、厳しい取り立てを受けるものと覚悟しておいたほうがいいでしょう。

0

キャッシングの際に必要な物

キッシング審査の際に必要な物は、住所氏名を証明出来る物(運転免許証、健康保険証、パスポート)、所得証明、場合によったら連帯保証人が必要なこともあります。これらを用意して、融資の申込用紙に必要事項を記入します。

必要事項の欄には現在の収入や、現在の借金の額を記載しなければなりません。現在の収入は調べられることはないので、少々多めに記載しても問題ないでしょう。但し、借金の額は信用情報センターの調査でバレてしまっていますので、正直に記載したほうが良いでしょう。

虚偽の記載をすると審査に影響が出てしまいます。ちなみに定収のない無職の人は審査に通ることはありません。無職の人は、現在持っているクレジットカードを利用して現金化なりをしてお金を作る以外に方法はないでしょう。

0サラ金とは

サラ金(サラリーマン金融)はウェブサイトや新聞広告、雑誌などに融資の広告を出して顧客を集めています。これらの広告は、多重債務者や ブラックが涎を垂らしそうなキャッチフレーズ「ブラックでも融資可能」「借入件数4件以上でも楽々融資」を並べています。

しかしこれらの業者 の大半は闇金融の類で、お金を融資はしてくれるものの、金利がトイチだったり日掛け金融だったりと、まともな消費者金融ではありません。そしてこれらの悪徳業者に対して支払いが遅れようものならば、それこそ大変厳しい取り立てが待っています。

最終更新日 2017/11/5

利用規約

サイトマップ